日中の暑さもやわらぎ、時折吹き抜ける風が心地良い今日この頃。皆様いかがお過ごしでしょうか。

先日、兵庫県の山手に住む友人の家を訪ねました。ログハウス調の平屋、すぐ裏手には静かな池、緑もたくさんあり、栗拾いまでできる、なんとも落ち着ける場所で夜r、たき火をしながら話をして、ふと気がつくと近くの草むらでコオロギやキリギリスなど秋の虫達が楽しげに歌っていました。

「久しぶりに虫の鳴き声を聞いたわ」と私が言うと友人が「長岡京」にもたくさんおるやろ」というのです。確かに近所にもまだまだ草むらもあるし、虫達もいるはず・・・と、次の日仕事帰りに駐車場へ向かう途中、耳をすませば草むらから虫達の声がちゃんと聞こえてきたのです。今日聞こえたのだから、昨日もおとといも鳴いていたはずの声が私には聞こえていませんでした。

何かと忙しい毎日、こころに余裕をなくしてしまっている日々が、こんなにも近くでささやく虫の声でさえ耳に入らなくなってしまっている自分・・・。

子供達の心のささやきを聞かなければならない私達にとって、どんな時も「心の余裕」を忘れてはならないと思い知らされる出来事でした。皆様も深呼吸を1つしてみて下さい。大切な人のささやきが聞こえるかもしれません・・・。

 

 
    長岡体操クラブ
代表取締役 長岡隆信